INBOUND MARKETING INBOUND MARKETING

インバウンドマーケティング:ウェブ / 場所 / 言語 / 決済まで全てをカバーします - 訪日マーケティング - 株式会社サンアローズ

「インバウンドツールを駆使した戦略」

2020年の東京五輪を見据え、訪日外国人、観光客へのアプローチは
より多様化し、様々な角度から戦略的に行われています。

「小さな飲食店だから」
「英語、中国語が分かる人間がいない」
「アプローチはしたいが、何から着手してよいか分からない」

これまではそうだったかもしれません。
では今できること、始められることは本当に何も無いのでしょうか。

弊社では、サービス業態や規模を問わず利用できる様々なツールを
効果的でより強力なインバウンド集客ノウハウに集約した
「インバウンドパックサービス」 を展開しております。

実感と収益の伴った集客体験を分かりやすくご説明いたします。

「インバウンドパックサービスとは?」

日本を訪れる外国人旅行者は年々増加していますが、飲食店や小売店など店舗さまの情報が訪日観光客に
自然と認知される訳ではございませんので、計画的かつ効果的な対応を進めていく必要がございます。

認知度の向上《知ってもらう》、来店ハードルの緩和《来てもらう》、購買意欲の促進《買ってもらう》
今、足りないステップは何なのか、またそのステップごとに有効な対策を講じることが肝要です。

弊社では、急増した中国人観光客のインバウンド需要に応えた、中国向け特化サービスをご提案しています。

「訪日中国人観光客向けインバウンド広告」

日本に興味関心のある中国人へ向けた、積極的な広告戦略を行っていきます。
訪日後、MAP系アプリの現在位置から店舗さまを表示し、スムーズに誘導できるダイレクトな集客は
店舗さまの認知度を大きく上昇させることが可能です。
また、その際にクーポンを発行することで、より強くアピールすることもできます。

中国版のLINEアプリに近いSNSサービスとなる「WeChat」への導線も活用し、拡散をしてもらえれば
まだ訪れていない潜在層へもリーチできます。

「多言語対応」

店舗のメニューや看板、チラシなどを多言語にしていくことはとても重要です。
日本を観光する際に、店頭でどんなお店なのかを伝えられるかどうかは大きな来店動機へと繋がり
メニューの多言語表示は、ご注文やご購入に直結するだけでなく、日本語が伝わらない方へ
口頭で説明するための人的コスト、時間コストを大幅にカットすることができるのです。

また運用中のWEBサイト、スマートフォンサイトを多言語対応いたします。
専用のホームページをお持ちでない場合は、はじめからスマートフォン表示をベースとした
レスポンシブなWEBページの制作を行っていき、オンライン集客を目指します。

「QRスマホ決済」

タブレットひとつで様々な決済を可能にするQRコードを活用した決済サービスです。
中国では当然ある、と言われるほど多くの店舗が導入しているため、その利用者も非常に多いのです。
その中でも下記の2つは必須とされており、弊社ではその2つの決済に対応いたします。

店先やWEBサイトでQR決済に対応の掲載だけで来店動機は高まり、集客に繋がります。
非対応であることは来店動機を低下させるだけでなく、購買そのものをも見送らせてしまうのです。

「お店や店舗に合ったアプローチ方法をご予算に合わせてご提案します」

その国に合わせた情報を作成し、言語対応 / マップアプリへの情報提供 / 決済インフラなどを準備します。
次に訪日外国人へSNSなどのPR導線を確保し、訪日後に来店されるまでをサポートいたします。
弊社が厳選した効果の高い媒体やツールを提供できるほか、WEB周りの調整も総合的にご協力いたします。

インバウンドマーケティング:ウェブ / 場所 / 言語 / 決済まで全てをカバーします - 訪日マーケティング - 株式会社サンアローズ

「インバウンドツールを駆使した戦略」

2020年の東京五輪を見据え、訪日外国人、観光客へのアプローチはより多様化し様々な角度から戦略的に行われています。

「小さな飲食店だから」 「英語、中国語が分かる人間がいない」
「アプローチはしたいが何から着手してよいか分からない」

これまではそうだったかもしれません。では今できること、始められることは本当に何も無いのでしょうか。

弊社では、サービス業態や規模を問わず利用できる様々なツールを効果的でより強力なインバウンド集客ノウハウに集約した「インバウンドパックサービス」 を展開しております。

実感と収益の伴った集客体験を分かりやすくご説明します。

「インバウンドパックサービスとは?」

日本を訪れる外国人旅行者は年々増加していますが、飲食店や小売店など店舗さまの情報が訪日観光客に自然と認知される訳ではございませんので、計画的かつ効果的な対応を進めていく必要がございます。

認知度の向上《知ってもらう》
来店ハードルの緩和《来てもらう》
購買意欲の促進《買ってもらう》

今、足りないステップは何なのか、またそのステップごとに有効な対策を講じることが肝要です。

弊社では、急増した中国人観光客のインバウンド需要に応えた、中国向け特化サービスをご提案しています。

「訪日中国人観光客向けインバウンド広告」

日本に興味関心のある中国人へ向けた、積極的な広告戦略を行っていきます。

訪日後、MAP系アプリの現在位置から店舗さまを表示し、スムーズに誘導できるダイレクトな集客は店舗さまの認知度を大きく上昇させることが可能です。

また、その際にクーポンを発行することで、より強くアピールすることもできます。

中国版のLINEアプリに近いSNSサービスとなる「WeChat」への導線も活用し、拡散をしてもらえればまだ訪れていない潜在層へもリーチできます。

「多言語対応」

店舗のメニューや看板、チラシなどを多言語にしていくことはとても重要です。

日本を観光する際に、店頭でどんなお店なのかを伝えられるかどうかは大きな来店動機へと繋がりメニューの多言語表示は、ご注文やご購入に直結するだけでなく、日本語が伝わらない方へ口頭で説明するための人的コスト、時間コストを大幅にカットすることができるのです。

また運用中のWEBサイト、スマートフォンサイトを多言語対応いたします。
専用のホームページをお持ちでない場合は、はじめからスマートフォン表示をベースとしたレスポンシブなWEBページの制作を行っていき、オンライン集客を目指します。

「QRスマホ決済」

タブレットひとつで様々な決済を可能にするQRコードを活用した決済サービスです。

中国では当然ある、と言われるほど多くの店舗が導入しているため、その利用者も非常に多いのです。
その中でも下記の2つは必須とされており、弊社ではその2つの決済に対応いたします。

店先やWEBサイトでQR決済に対応の掲載だけで来店動機は高まり、集客に繋がります。
非対応であることは来店動機を低下させるだけでなく、購買そのものをも見送らせてしまうのです。

「お店や店舗に合ったアプローチ方法を

ご予算に合わせてご提案します」

その国に合わせた情報を作成し、言語対応 / マップアプリへの情報提供 / 決済インフラなどを準備します。

次に訪日外国人へSNSなどのPR導線を確保し、訪日後に来店されるまでをサポートいたします。

弊社が厳選した効果の高い媒体やツールを提供できるほか、WEB周りの調整も総合的にご協力いたします。